×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サングラスグラサン

トップページ > 脱毛と飲酒って関係あるの?
ページの先頭へ

脱毛と飲酒って関係あるの?

脱毛と飲酒って関係あるの?意外に思われる方もいるかもしれませんが、脱毛と飲酒は関係があります。それも結構重要な関係です。脱毛といえばクリニックやサロンでの光脱毛を指すことが多いですが、この光脱毛は光の熱で毛根にダメージを与えてだんだん弱らせていくという仕組みで脱毛を可能にしています。熱でダメージを与えるということは、毛根が存在している肌自体も熱をもつということですよね。言ってしまえば軽いやけど状態です。さらに熱をもっているので肌内部に水分を留める働きが鈍くなっており、肌も乾燥しやすくなっています。肌の潤いや皮脂というのは実はバリアのような働きをしており、日々肌を刺激から守っています。それが少なくなることで、脱毛直後の肌はとてもダメージを受けやすい状態にあるのです。そのため施術後はクーリングジェルなどで肌の冷却が行われます。ところで酒に含まれるアルコールには、血管を拡張する作用があります。酒を飲むと体がほてるのは、血管が拡張して体温が上昇するからです。せっかく冷やした肌を温めてしまうと、脱毛後のデリケートな肌がさらにダメージを受けやすくなってしまいます。脱毛後しばらくは飲酒を控えたほうが賢明でしょう。

Copyright (c) 2014 サングラスグラサン All rights reserved.